2017/6/19

ラオス 郡病院スタディツアー

ISAPH LAOS 木村 江里子

                              

郡病院スタディーツアーのご報告

郡病院母子保健サービス向上支援活動の手始めとして、ISAPHの事業対象郡であるサイブートン郡保健局・病院関係者が、同カムアン県内の他の郡病院を見学に行きました。見学をした2つの郡病院は、5Sの活動はもとより、患者の登録・カルテ管理・入院患者への配薬管理なども徹底されており、同じレベルの県病院とは思えないほどでした。ツアー参加者はその病院改善のノウハウを学ぼうと、終始関係者の話に熱心に耳を傾けていました。

このスタディーツアーで得られた病院のサービス向上の知識やノウハウをサイブートン郡に持ち帰り、医療機関の受診率が非常に低い対象地で、郡病院・保健局関係者と共に、患者さんが「通いたい」と思えるような病院作りに取り組んでいきたいと思います。

6月23日には、郡保健局・病院関係者50人が参加して行う5S活動開始宣言とワークショップ「患者の視点で病院サービスを考える」を実施しますので、またその模様はご報告させていただきます。

 

入院患者用の配薬システムの説明

入院病室で説明を受けている様子


 

セバンファイ郡病院での見学後の話し合い

 

セバンファイ郡病院での記念撮影